両手で包む家

賃貸物件とセットになりつつある保証会社

不動産金額の計算

新しい土地で1人暮らしを始まる際には物件探しなどを行なう方も多くいますが、生き方が多様化している現代ではさまざまな年代や国籍の方が1人暮らしを行なうケースもあり、賃貸契約の形式も変わりつつあります。これまでの賃貸契約では連帯保証人をつけることが前提となっていることも多くありましたが、単身世帯が増えていることに加え、高齢者や留学生のような身近に連帯保証人を頼むことのできない人も増えていることで、保証人の代わりに保証会社を利用した契約に切り替えているところも多くなっています。
保証会社は入居者から保証料などを徴収する代わりに、万が一入居者の家賃滞納があった場合でも入居者に代わって家賃を立て替えてくれるため、オーナーにとってもリスクが少なくて済みます。借りる側も保証会社を通すことで連帯保証人を探す必要がなくなるため、入居までの手続きをスムーズに進めていくことができる仕組みとなっています。
あらかじめ保証会社と契約している物件では初めから連帯保証人ではなく、保証会社を利用することが求められるケースもあるなど、賃貸物件と保証会社はセットになっているところも増えているので、物件契約時にはこれらのことも確認しておくと安心して契約することができます。

外国の方でも安心して利用できる保証会社

何もない部屋

物件を借りる時に必要になる家賃の連帯保証人ですが、日本でずっと生活をしてきた方なら家族や友人などで頼れる人もいることでしょう。しかし、外国から日本に来て生活を始めようという方なら、日本に誰も知り合いがいないということも考えられます。そういった場合、連帯保証人を立てることはほとんど不可能に近いですから、外国人の方が賃貸物件を借りる際には、保証会社を利用することをおすすめします。保証会社は、賃貸契約を結んだ本人が、もし家賃を支払えないような状態に陥ったとしても、代わりに弁済をしてくれるというシステムの会社です。保証会社を利用すれば、連帯保証人を…

保証会社を利用すれば連帯保証人がいなくても大丈夫

部屋の間取り図

賃貸住宅を借りる時には、ほとんど必ずといっていいほど連帯保証人が必要です。しかし、連帯保証人が見つからないときは代わりに保証会社にお願いすることができます。通常賃貸契約を結ぶ際には、知人や親戚などに連帯保証人になってくれるようにお願いをしなくてはいけません。契約書に住所や氏名を書いてもらい、ハンコや場合によっては印鑑証明を取ってきてもらう必要がある場合もあります。もし、家賃が払えなくなった場合などはこの連帯保証人が代わりにその債務を負うことになります。このような連帯保証人を見つけるのは大変です。頼む側としても気が重く、また頼まれる側も、もし…

家を借りるときの連帯保証人の悩みを解決してくれる保証会社とは?

お金と電卓

家を借りるときの保証会社は賃貸契約での連帯保証人を、親族等に代わって契約してくれるサービスです。借主に家賃の滞納があった場合、家賃を立て替えてくれます。立て替えてくれたことを代位弁済といい、料金は後から返さなければなりません。保証会社を利用するときの料金は、一般的に家賃の1ヶ月分です。また加入時以外にも更新料が1年単位でかかってきます。また保証会社に加入するには審査が必要です。仮に入居審査に通っても保証会社の審査に通らないと入居できないことになります。審査内容は収入が家賃1ヶ月分の3倍以上、勤続年数、安定職種についているかどうか、雇用形態、…

賃貸物件とセットになりつつある保証会社

不動産金額の計算

新しい土地で1人暮らしを始まる際には物件探しなどを行なう方も多くいますが、生き方が多様化している現代ではさまざまな年代や国籍の方が1人暮らしを行なうケースもあり、賃貸契約の形式も変わりつつあります。これまでの賃貸契約では連帯保証人をつけることが前提となっていることも多くありましたが、単身世帯が増えていることに加え、高齢者や留学生のような身近に連帯保証人を頼むことのできない人も増えていることで、保証人の代わりに保証会社を利用した契約に切り替えているところも多くなっています。保証会社は入居者から保証料などを徴収する代わりに、万が一入居者の家賃滞…